日記

昨日の問題は解決。下記の記事の通りにやってみてJavaで新元号の追加にも成功した。
qiita.com
ただしこれはSimpleDateFormatの話で、他も上手くいくのかまだ謎。

今更だけど初めてdockerに触った。やっぱり聞くだけとやるのでは理解度が10000倍くらい違う。(百聞は一見にしかず×百見は一行にしかず)
docker imageの差分がgitみたいになってるのは便利そう。

日記

某サービスがこのご時世にしばらく変更していないパスワードを変更しろなどと言ってきたのでランダムにパスワードを生成する方法は無いかと調べたところ mkpasswd コマンドを使うと楽ちんだった。サービスのポリシーに合わせて
mkpasswd -l 8 -d 1 -c 1 -C 1 -s 1
的な。

viでペーストするときに勝手にインデントされて困ってたのだけど、
:set noautoindent
してからペーストすれば良いって分かった。
:set paste

:a!
vimでは使えるけどviでは使えないっぽかった……。

Developpers Summit 2018へ行きました

2018/2/15, 2/16に開催されたデブサミ2018に行ってきました。
Developers Summit 2018

講演資料やTogetterへのリンクは下記から。
デブサミ2018、講演関連資料まとめ:CodeZine(コードジン)

私的に聞いていて最も興味深かったのは @daiksy さんのセッションでした。
【15-C-5】リモートワークは難しい - それでもぼくらは歯をくいしばってやっていく
リモートワークは難しい / Developer Summit 2018 // Speaker Deck
【デブサミ2018】15-C-5「リモートワークは難しい - それでもぼくらは歯をくいしばってやっていく」 #devsumiC #devsumi - Togetter
だいくしー (@daiksy) | Twitter

仕事の困難さはコミュニケーションの難しさに通ずだなと。
そして「心理的安全性」という言葉を知れて良かったです。
他のセッションでもちらほら聞いた言葉だったのでぐぐったらGoogleの研究結果なのですね。
弊社は完全トップダウンの会社でしかも上の人がやたら怒るタイプだし心理的安全性が限りなくゼロに近いんですが、一平社員に意識改革なんて始められるんですかね……?

tryjshell

Java9のREPLであるJShell。
インストールすればコマンドからすぐ使えるのですが、それすら面倒な場合は下記のサイトですぐに使えます。

tryjshell.org

ただ、iOSChromeから使おうとしたら下の方がキーで隠れちゃいました。
f:id:lore:20171108002843p:plain

Java 8 update 151 以降のJCE無制限強度管轄ポリシーの適用方法

JavaSE8u144まではAES256のような強度の高い暗号を利用するにはJCE無制限強度管轄ポリシーファイルをJRE(またはJDK)とは別途Oracleのサイト(Java Cryptography Extension (JCE) Unlimited Strength Jurisdiction Policy Files for JDK/JRE 8 Download)からダウンロードして
/lib/security/ ディレクトリにある
local_policy.jar

US_export_policy.jar
とを差し替える必要がありました。

JavaSE8u151からは、
JAVA_HOME/lib/security/policy/unlimited/ ディレクトリに
2つのJCE無制限強度管轄ポリシーファイルが既にあるので、
JAVA_HOME/lib/security/java.security
を編集して
crypto.policy=unlimited
を記載するだけで利用できるようになりました。
(デフォルト値はlimited)

※2018/02/05追記:8u161からデフォルト値がunlimitedに変更になりました。

詳細はOracleの更新情報を確認してください。
Java 8リリースの変更